自己紹介

木村和男(代表)

木村和男
赤ひげ塾茨城県支部長
『整体きむらさんち』
代表:木村和男


私自身が腰痛に悩まされ、このままの状態がこれからも続くのかと、絶望的な気持ちになったときがありました。
それを救ってくれたのが整体でした。

腰痛って、痛い本人しか辛さが分からないんですよね。
自分自身が辛い思いをしていますので、来院された皆さんの辛さは分かっているつもりです。
他人事では無いという思いで日々施術させてもらっています。

以前は会社員をやっていましたので、夏と冬にはボーナスがありました。
会社員をやめて開業すると、このボーナスが無いんです。

でも、日々、皆さんから頂く「楽になりました。」
「調子いいです。」「気持ちが明るくなりました。」
なんて言う、一言一言のお言葉が私にとっては臨時ボーナスになっています。o(^▽^)o

これからも、沢山ボーナスがいただけるように励みます。

電話受付は奥さん担当
電話受付は奥さん担当
まずは、お茶を飲んでリラックス
まずは、お茶を飲んでリラックス


整体との出会い…

ぎっくり腰

後で思い出せば前兆はありました。
車にワックスがけをしたりして、腰を曲げたままの体制が続くと、腰を伸ばすと「ウ~。」という感じの軽い痛みを感じていました。

22歳の時にバレーボールクラブの練習中に腰に「クキッ」という感じの痛みを感じ、練習を先に切り上げ、自動車に乗って帰ろうとした瞬間に、激烈な痛みに襲われました。
あまりの痛さに、車のシートを倒したらそのまま動けなくなり、結局は、他の仲間が駐車場に来るのを待って、送ってもらう事になってしまいました。

そのままの状態ではどうにも我慢が出来なくて、自宅から救急病院に自分より背の小さい両親に支えられて行きました。
長い時間待たされたあげくの病院での対応は、痛み止めだけでした。

翌日は激痛の為にベッドから起きるのに1時間以上もかかりました。
やっとの思いで行った病院の整形外科でレントゲンを撮影しての医師の診断は、「特に骨に異常が無いので、痛み止めとシップで動かさないでいて、痛くなくなったら腰痛体操をしなさい。」と言うものでした。

しばらくは医者の言う通りにしていましたが、痛みは無くならず、これからもこの様な状態が続くのかと今後の生活に不安を感じ始めていました。

照れ

そんな時に、知人からある整体の先生を紹介されました。
わらをもつかむ想いで、施術を受けたところ、あれほど痛かったのが、かなり軽減ました。
何回か施術を受けているうちに、腰痛に対する不安はいつのまにか消えていました。

この時にお世話になった先生には恩義を感じていましたが、一つだけ不満が有ったのは「次はどれ位経ったら来たら良いでしょうか?」と問うと「痛くなったら来なさい。」と言われてしまうことでした。
自分としては、痛くならない様にしたいと考えていました。
しかし、この段階では、整体という仕事に魅力は感じていましたが、自分でやることになるとは思っていませんでした。

整体を勉強する…

困惑

その後は、具合が悪くなると、整体を予約して受けに行っていました。
ある日、いつもの様に予約の電話を入れると、「予約は出来ません。」と冷たく言って断られてしまいました。
後で確認すると、先生がお亡くなりになられてしまったそうです。

そこで、しかたがないので、他の整体やカイロプラクティックにも行ってみましたが、料金が高い割りに効果が少なく、結局は自分で本を買ったりして勉強してなんとか激烈な痛みをその後は経験しなくて済んでいます。

しばらくは、自己流で勉強していましたが、きちんと勉強したいと思うようになって来て、色々学校を探していたところ、地元で開業している先生が整体学院を開いているところを見つけました。
ここは、授業の時間を個人に合わせてくれるので、会社勤めをしながら通うには大変有利でした。この学校で、「整体療術師」と「足底反射区療法師」の認定を受けました。

バランス活性療法との出会い~取り組み…

笑い

「整体療術師」と「足底反射区療法師」の認定を受けましたが、患者さんを楽にはしてあげられても治す事に対してはいまいち自信を持てずにいました。
と言うのも、整体に出会ったキッカケになった腰痛に対しては、ここまでに習ったものでは決定的な効果は望めないと分かったからです。

そんなときに出会ったのが「赤ひげ塾 バランス活性療法」でした。
今まで学んだ整体とは全く違う療法で、親戚や知人等に施術して行くと、何年、十何年、中には二十何年の痛み(他の療法や治療で改善しなかったもの)が楽になり、改善されて行き、良くなって行くのを、施術している自分も驚きをもって経験しました。

赤ひげ塾「バランス活性療法師」の認定を受け、赤ひげ塾のすすめに従い、ボランティア施術という事で、家族の知人等にも施術をして、経験を重ねました。
そのようにして行くにしたがって、良くなって喜ぶ患者さんの顔や、充実感がやりがいにつながり、これから、バランス活性療法に取り組んで行きたいと考え、「赤ひげ塾グループ・つくばバランス活性療法院きむら」を開院しました。

asukanopapa.png
愛娘が描いてくれたパパの絵です。
(開業当時幼稚園年長)

minna.png
看板前にて家族の写真
(開業当時)

kimura1.png
看板息子と看板娘
(開業当時)

ふくらはぎ療法との出会い~取り組み…

「赤ひげ塾グループ・つくば バランス活性療法院 きむら」を開院後、多くの方々に施術をさせていただくうちに、バランス診断により施術ポイントを探っていくと「ふくらはぎ」がポイントになることを多く経験しました。

そこで、「ふくらはぎ」に興味を持ち、様々な療法を調べましたが、リフレクソロジー等で一部ふくらはぎを使う療法はありましたが、ふくらはぎに特化しているものはありませんでした。

そんな時に出会ったのが、石川先生の「ふくらはぎ療法」でした。
そこで、石川先生より直々に、療法を学ばせていただき「カーフィスト(ふくらはぎ療法士)」の認定をいただきました。

赤ひげ塾 バランス活性療法講師へ…

「赤ひげ塾グループ・つくば バランス活性療法院 きむら」を開院後、臨床を積み重ね講師試験に合格し講師に認定されました。

その後、本部にて講師として研修生の方々の指導をさせていただき平行して「赤ひげ塾茨城県支部」を開設し「赤ひげ塾茨城県支部長」として当院でも研修を開始しました。

現在は、自宅で開業しているアットホームな実態に合わせて
「きむらさんち」という名称に変更しています。

また、当院は「赤ひげ塾茨城県支部」になっています。
当院にてバランス活性療法の研修を受けることができます。

赤ひげ塾茨城県支部
赤ひげ塾バランス活性療法研修講座案内へ ≫


ネット予約へ